新報国製鉄株式会社

LIVE – METALISM

設備紹介

HOME > 設備一覧 > 検査・分析設備

TEST ANALYSIS EQUIOMENT

検査分析設備

合金開発でお客様のニーズに応える

低熱膨張合金のトップメーカー

時代の趨勢に応じるように、製品に求められる品質・精度が高まるなか、当社では、製品の寸法・外観検査はもちろん、製品特性の基となる成分基準を化学分析・機器分析で監視するなど、厳しい管理検査体制を確立しています。
また、三次元測定機、X線非破壊検査機器など、迅速で正確な測定・分析装置を導入し、さらに、国際規格ISO9001を取得するなど、品質管理および品質保証体制を一段と強化。万全の体制のもと、お客さまに確かな製品をお届けしています。
こうして築き上げられる、お客さまの信頼と満足。この達成こそが、私たちのプライドです。

検査最新設備により高度な検査が可能

検査方法は、製品の特徴に応じて異なります。当社はお客様の御要望に応えるため、あらゆる角度から検査を行います。品質維持、またさらなる飛躍を支える設備によって最良な製品をご提供できるよう綿密な検査を行っております。

CNC門型三次元測定機

測定範囲:X1200 x Y2000 x Z1500
測定精度:3.5+5L/1000μm
最小表示:0.01μm

横型アーム式三次元測定機

測定範囲:X1480 x Y2150 x Z1500
保証精度:40μm
最小表示:10μm

多間接三次元検査器

測定範囲:3.7m(12フィート)
定点繰返し精度:64μm
測定精度(2点間):±91μm

レイアウトマシン

測定範囲:X1480 Y3600 Z1500
保証精度:80μm
最小表示:10μm

精密石定盤

サイズ:1500x2000mm
等級:00級(5μm)

大型検査定盤

サイズ:3000×3000
サイズ:1500×2000
サイズ:1250×2450
サイズ:1500×3000

X線透過検査装置

出力電圧:40~320KV
検査サイズ:500 x 1500 x 800H
透過能力:鉄60mm

デジタル超音波探傷機

・超音波利用の非破壊検査
・形式=UI-27

分析

ICP発光分析装置

高周波により発生したプラズマに試料を噴霧すると、元素特有のスペクトルが発生。その強度を測定し、定性・定量分析を行う装置 ICPS-8100

蛍光X線分析装置

固体試験片に元素特有のX線を測定し、定性・定量分析を行う装置

自動サンプル切削機

蛍光X線分析装置を用いて成分分析する試料面を均一に仕上げ加工する切削機

吸光光度計

酸で溶解し呈色させた溶液に照射した光の透過率を測定することで定量分析を行う装置

炭素・硫黄分析装置

高周波加熱で金属切粉を燃焼し、炭素と硫黄の酸化物を定量分析する赤外線吸収装置

化学分析前処理設備

切粉を酸で溶解する化学分析の前処理設備(ドラフト)

PRODUCT RANGE

取扱製品

積み重ねた研究開発の成果であり、
磨き上げた技術の結晶

ACCESS

アクセス

本社
〒350-1124埼玉県川越市新宿町5-13-1
TEL 049-242-1950(代)FAX 049-245-8852
MAP
三重工場
〒510-8121三重県三重郡川越町大字高松字中島835-1
TEL .059-363-2313(代)
MAP

製品に関するお問い合わせ 金属材料全般に関するお問い合わせは
新報国製鉄までお気軽にお問い合わせください。