新報国製鉄株式会社

LIVE – METALISM

業務紹介

HOME > 業務紹介 > 圧延・伸線品製造

製品別業務の流れ

圧延・伸線品製造

ROLLING AND WIRE DRAWING PRODUCTS

圧延製品では、角棒・丸棒など標準形状以外にも薄板などの特殊工程品のご提供が可能です。
伸線製品では、センタレス加工などを施工した棒材のほか溶接棒、また太細様々なコイル状製品のお届けが可能です。
小ロットのご注文品や試験品ではご愛顧頂いており、当社製のインゴット鋼塊を使用した製品以外にも、御支給頂いた鋼塊においても受託圧延・受託伸線という形態でお請け出来ますのでご相談下さい。

圧延・伸線品製造の流れ

1仕様相談

材質・形状・機械加工などの技術的要素およびロットなど量的なご要望を総合的に考慮しお客様に最もマッチするプランを一緒に考えさせて頂きます。

2インゴット溶解

仕様相談で決定しました材質で圧延・伸線製品の元材となる鋼塊(インゴット)を製作致します。
鋼塊をご支給いただく場合には、元形状やサイズを確認し、ご要望の圧延・伸線製品への塑性工程を組み立てさせて頂きます。

3鍛造

高温に加熱されたインゴットを最大数千トンのプレス機を使用し成形していきます。
成形する際には最適な”鍛造温度”が存在し、材質や形状によって設定するノウハウが詰まっております。
当社では蓄積された膨大な鍛造条件データを活用し、良質な鍛造鋼塊を製造致します。

4面削

中間工程である鍛造を経た鋼塊は、圧延・伸線工程へ移る準備として表面状態を整えます。
面削後は浸透探傷試験などで表面品質等をチェックし健全鋼塊であるかどうかの確認も致します。

5圧延

圧延機を使用し、加熱された中間鍛造素材を任意の寸法に成形します。
圧延製品としてご注文頂いている場合は、塑性加工としてはこの段階で完成となります。
伸線製品であったり、機械加工完成品の場合は次の工程に移ることとなります。

6伸線

各種伸線設備を使用し、線材やコイルの形状に成形します。

7検査

径寸法や表面状態をチェックし健全な製品に仕上がっているかどうかを確認します。
仕様として強度が規定されている場合は、最終製品を万能引張試験機などで強度測定し製品と共に測定記録表をご案内させて頂きます。

8梱包~出荷

圧延・伸線製品のいずれにおいても適切な梱包をおこないお届けさせて頂きます。
長尺の圧延製品などは輸送時の曲がりを防止するための当て板梱包を施したり、TIG溶接棒などは樹脂製のケース、細コイルはボビン巻にてお届けさせて頂きます。

2インゴット溶解

製品画像

金属材料に関するご相談各種調査・特性試験承ります。
お気軽にお問い合わせ下さい。

PRODUCT RANGE

取扱製品

積み重ねた研究開発の成果であり、
磨き上げた技術の結晶

ACCESS

アクセス

本社
〒350-1124埼玉県川越市新宿町5-13-1
TEL 049-242-1950(代)FAX 049-245-8852
MAP
三重工場
〒510-8121三重県三重郡川越町大字高松字中島835-1
TEL 059-363-2313(代)FAX 059-363-2312
MAP

製品に関するお問い合わせ 金属材料全般に関するお問い合わせは
新報国製鉄までお気軽にお問い合わせください。